現在、勤務している会社の給料に不満を抱いている人は少なくないです。ですがもっと高い給料の会社に転職するとなると難易度が高かったり、リスクも存在するのでなかなか実行出来なかったりします。だからこそ最近では、給料に対する不満を副業で補おうと考える人が増えているのです。特にネット副業という形であれば、自宅で1人で始める事も出来ます。そのためサラリーマンやOLの中には、ネット副業に挑戦する人がどんどん増えて来ているのです。ただし会社勤めをしている人の中には、ネット副業を始めてしまったがためにトラブルに巻き込まれてしまう人もいるので注意しなければなりません。 サラリーマンやOLの人がネット副業を始める際にはまず、勤務している会社の就業規則をチェックすべきです。というのも副業が禁止されているのは、公務員だけだと思い込んでいる人は珍しくなかったりします。所が実際は一般企業の中でも、就業規則で副業を禁止している所は存在しているのです。そのため副業がバレた結果、社内での立場が危うくなり、最悪の場合は会社を辞める羽目になる人もいます。ただしネット副業の場合は、自宅で単独で行うのでバレる心配はないと油断している人も多いです。ですが残念ながら副業による収入で税金が変わってしまうため、そういった金額でバレてしまう可能性が高くなります。だからこそネット副業を始める前に必ず就業規則をチェックし、副業が禁止されていた場合には手出しすべきではありません。 会社勤めをしている人が副業する場合には、確定申告が必要になる可能性がある事をきちんと留意しておくべきです。本業の給料に関しては会社側が申告を行っているので、特に問題はなかったりします。ですがネット副業での収入は、会社側とは無関係なので自分で管理して申告等を行う必要があるのです。ただしネット副業で収入があれば、絶対に確定申告しなければならない訳ではありません。ネット副業の収入が年間で、20万円を超えた場合に必要となるのです。更にネット副業でも必要経費が計上出来るので、経費を差し引いた上で20万円を超えた場合に確定申告が必要な事を覚えておく必要があります。 会社員がネット副業を始める際には、詐欺業者にも注意すべきです。ネット副業についてあれこれ調べると、短時間の作業で高収入といった形で宣伝する業者を見掛ける事があります。ですがそういった広告でネット副業について知ろうとすると、最初に登録料や紹介料を要求して来たり、高額な教材を買わせようとするケースが多いです。そういったやり方は基本的に、詐欺業者のやり口なので、絶対にお金を支払わない様にする事をおすすめします。お金を支払った所でかなりの高確率で、支払ったお金すら取り戻せない事態となる可能性が高いです。この様に業者の甘言に騙されない様にする事も、ネット副業を始める際には大事だったりします。